2軒家を建てた兄から注文住宅を勧められた

私の兄は、20代と30代の時に、2軒家を建てたんです。
1軒目に建てた家は、建売住宅でした。
10年くらい住んでいたのですが、その家を売って、2軒目は注文住宅を建てました。
兄から教わったことが2つあります。

(兄から教わったこと その1)
『建売住宅は、家を買ったという満足感が少ない』
どの家も似た作りなので、家を建てたぞ! という満足感が少ないそうです。

(兄から教わったこと その2)
『家を建てるなら、好きな家を追求しろ』
自分の好きなデザインの外観や造りだと、住んでいて楽しいそうです。

私は兄からの助言で、1年前に注文住宅を建てました。
建売の方が安く建てられるけど、より幸せのある住まいを求めたので、注文住宅に決めました。
家を建てる時、私と妻は、ドライブデートがてら、いろんな住宅街を車で見て回りました。
そして素敵だなと思う家があったら、スマホで写真を撮らせて頂き、私たちが家を注文する時の参考にしました。
まだ住み始めて1年ですが、注文住宅にして良かったと思ってます。

注文住宅
靴箱を大きめに作りたいので注文住宅

靴は大好きなので、かなりの数を保管しています。なので靴箱は大きめに作りたいなぁと思っていたので、一戸 …

注文住宅
注文住宅は玄関を広くしました

注文住宅で玄関を広めに造ったことで、広々とした住まいになったと実感しています。玄関には様々な子供の部 …

注文住宅
耐震性能にこだわった注文住宅を設計

賃貸住宅で生活をしていましたが、2人目の子供が生まれたので、本格的にマイホームを検討するようになりま …