こだわりの家を「注文住宅」で建てました

家を購入するときに、自分が住みたい家をイメージしてみました。その結果、私がイメージする家は、一般的な家とはかなり違っているようだと感じました。建売住宅を見学に行ったのですが、私がイメージしている家とはかけ離れていて、住みたいとは思えませんでした。そこで、自分の家を建てるには注文住宅しかないと思い、多少、費用が高くなっても仕方がないと覚悟しました。注文住宅は、設計の段階から自分の意見を言うことができるため、自分の希望通りの家を作れます。費用がとても高くなってしまうと思いましたが、建材を節約するなどメリハリをつけるようにしたら、建売住宅を購入するのと、それほど変わらない金額で済みました。私のようにこだわりが強いタイプの人は、建売住宅の中から無理に選ばずに、注文住宅を選んでみてはいかがでしょうか。打ち合わせなどを繰り返すため、少し時間と労力は掛かりますが、その分、自分好みの理想の家を建てられると思います。

注文住宅
靴箱を大きめに作りたいので注文住宅

靴は大好きなので、かなりの数を保管しています。なので靴箱は大きめに作りたいなぁと思っていたので、一戸 …

注文住宅
注文住宅は玄関を広くしました

注文住宅で玄関を広めに造ったことで、広々とした住まいになったと実感しています。玄関には様々な子供の部 …

注文住宅
耐震性能にこだわった注文住宅を設計

賃貸住宅で生活をしていましたが、2人目の子供が生まれたので、本格的にマイホームを検討するようになりま …